福島医薬品関連産業支援拠点化事業

動物を用いた抗がん剤の毒性試験

臨床試験で重篤な副作用が出たために開発中止となった抗がん剤Xは、28日間反復投与試験で複数の臓器で遺伝子発現レベルに変化が現れていた。
  • 臨床試験で重篤な副作用が出たために開発中止となった抗がん剤Xが、前臨床試験で副作用が予測できなかったのかを検証する目的で、ラットに28日間反復投与して各種臓器の網羅的遺伝子発現変動解析をいたしました。
  • メジャー臓器を中心に遺伝子発現プロファイルを取得し、対照群と比較して投与群で発現変動の大きな遺伝子群を抽出しました。
  • 少なくとも4つの臓器で強く発現レベルが変動していた遺伝子群が存在していました。
  • この結果は、網羅的遺伝子発現解析を用いれば、前臨床試験段階で、重篤な副作用を予測できる可能性を示唆するものだと考えております。

© 2017 Japan Biological Informatics Consortium