福島医薬品関連産業支援拠点化事業

薬剤の毒性(副作用)予測 その2

臨床試験で重篤な副作用が出たために開発中止となった抗がん剤Xの毒性は、前臨床試験(動物試験)予測できた可能性がある。
  • 抗がん剤X投与において、ある臓器で発現変動する遺伝子群を用いて、NEDOプロジェクト「28日間反復投与試験結果と相関する遺伝子発現データセットの開発」で取得したデータとともにクラスタ分析をしました。
  • その結果、抗がん剤Xが最も発現変動が大きいことが分かりました。
  • この結果は、一般的な毒性試験(動物試験)では毒性が検出されなかったものでも、網羅的遺伝子発現解析をすることにより、前臨床試験でも副作用を予測できる可能性があることを示唆していると考えております。

Copyright © 2017 Japan Biological Informatics Consortium. All Rights Reserved.